日本人と台湾人


by heyelien
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

健康のための運動

久しぶりの更新になります。
台湾の大学に就職して3年半が過ぎました。仕事にはさすがに慣れたのですが、毎日、授業に研究に忙しく、それは食生活などにも影響を与えていたようです。というのも、大学に就職をしてから、体重がかなり増加してしまいました。

僕は台湾に来て、早いもので、すでに6年半ほどが経過しました。思い起こせば、今から5年ほど前、夜市の食事などを食べすぎた僕は、大幅に体重が増加してしまいました。当時は留学生という身分であり、毎晩、台北師範大学の運動場で台湾の子達とバスケをして、ダイエットに成功しました。あれから5年、やはり年齢というものは怖いですね。昔は食べてもあまり太らなかったのに。。。

ということで、Elaineにも心配され始めた僕は、今年の5月ごろから家でできるエクササイズを始めました。最初はPS3の「フィットインシックス」を始めました。しかしながら、1ヶ月ほどすると慣れてしまい、さらにキツイ運動がしたくなりました。
b0097231_118338.jpg

そこで、夏休み日本へ一時帰国した際に、以前、日本でも流行っていたビリーブランクスのDVDを20枚ほど購入し(オークションや輸入版などを利用して安く購入しました)、運動を始めました。最初はかなりきつかったのですが、これも2ヶ月ほどすると慣れてしまいました。またパワーヨガなどもこの頃から始めました。
b0097231_119263.jpg

そして、2ヶ月ほど前、台湾で購入したのが、かなりハードだといわれているP90X、P90X+、P90X2、insanity、insanity the asylumといった品々。少しずつ買っていったのですが、合計すると結構お金がかかりました。現在、P90Xをベースに、時々、他の運動を組み合わせています。
b0097231_1191920.jpg

努力の結果、運動を始めて5ヶ月、10キロ以上の減量に成功しました。現在もP90Xを中心に運動を続けていますが、ダイエットというよりは健康のためになってきています。今は、もっと筋肉が欲しいなぁと思っています。ただ、P90Xシリーズは、ダンベル他、色々な器具を購入しなければならないので、お金がかかるのが難点ですが。まあ、健康のためなので良いですけれどね!
[PR]
# by heyelien | 2012-12-11 01:21

地震

前回の記事で僕は台湾南投県の集集に行ったというブログを書きました。その中で、台湾の1999年に台湾の同県で発生した大地震について言及したのですが、まさかその数週間後に日本の東北地方であのような大地震が起こるとは思ってもみませんでした。僕の日本の実家は中部地方にあるため、今回の災害で大きな被害を受けることはありませんでした。しかしながら、台湾で生活されている知り合いの先生、そして日本で生活されている以前の指導教授のご実家が東北地方だということでした。幸い先生方のご家族に大きな問題はないと聞きましたが、それでも当地での生活にはかなり苦労をされているとのことでした。

(ここ数日は少なくなりましたが)日本での地震のニュースは、台湾でも大きく報道されています。映像を見た僕の学生達も日本での地震にとても衝撃を受けたようで、学校で生徒達に出会うと、何度も「先生のご実家は大丈夫でしたか?」と声をかけてくれました。

少し前になりますが、3月17日と18日には、台湾のテレビ局とラジオ局がチャリティイベントを開催され、20億以上の義捐金が集まりました。それ以外にも台湾の政府や、他にも各種団体を通してさらに多くの義捐金が集められていると聞きます。僕の大学でも先週末から義捐金ボックスが置かれ、3日間ですでに日本円にして30万円以上が集められています。これら義捐金が被災者の方々のお役に立つことができればなによりだと思います。僕とElaineもわずかではありますが、台湾で寄付をさせていただきました。

今回の地震で被災をされた方々やご家族の方々に心よりお見舞い申し上げます。
日本加油!

3月25日追記
台湾からの義捐金が全体で47億円になったようです。とてもすごいですね。僕の大学でも今の所、6日間で日本円にして60万円以上の義捐金が集まっています。台湾の皆さん本当にありがとうございます!!
[PR]
# by heyelien | 2011-03-23 08:42

集集へ行ってきました

先日、僕とelaineは台湾の中部、南投縣にある集集という小さな町に行ってきました。集集という場所は、おそらくあまり日本人の観光客は行かない場所だと思います。
b0097231_4442834.jpg

上の写真は集集の駅です。写真を見ても分かるとおり、とても小さな駅です。駅舎は1922年、日本統治時代に作られたものだということです。1999年に台湾を襲った921大地震では、この駅舎は大きな被害を受けたようですが、その後、修復がされたようです。
b0097231_4444297.jpg

平日だったということもあったのですが、駅のまわりはとてものどかでした。緑もとても綺麗ですよね。
b0097231_444576.jpg

名産品はバナナだということです。写真にはありませんが、車道の両脇にたくさんのバナナの木を見ることができました。
b0097231_4452098.jpg

上の写真は集集の町並みです。沢山の提灯がかかっています。elaineによれば、元宵節(旧正月の15日)が過ぎたばかりだからなのではないかということでした。
b0097231_4453515.jpg

写真を見ても分かるとおり、線路と歩道を隔てるものはありません。
b0097231_446465.jpg

線路に入って写真を撮ることも可能です。とても味わいが有って良いですよね。
b0097231_4462348.jpg

もう僕は台湾に住んで4年以上が過ぎたので、普段あまり気にすることもないのですが、写真にあるような木を見ると、ここは南国なんだなあ~と感じます。
b0097231_446449.jpg

町には日本統治時代の建築物も残っています。
b0097231_447033.jpg

写真は日本統治時代に建てられた「集集樟脳出張所」です。日本統治時代、樟脳は専売局によって生産が管理されていたようです。
b0097231_4471696.jpg

僕は現在、日本統治時代に小説を書いていた台湾人の作家を研究しています。その作家も専売局につとめていました。なんとなく縁を感じました。
b0097231_4474294.jpg

集集は小さな町でしたが、とても落ち着く良い場所でした。また機会があったら訪れてみたいと思います。僕たちは名産品のバナナを購入して帰宅しました。
[PR]
# by heyelien | 2011-02-27 04:53

台湾の奨学金

最近、台湾の新聞《聯合報》を見ていたら気になるニュースが載っていました。

それは台湾で留学するために外国人留学生に支給されてる奨学金に関するニュースです。
台湾で留学する場合、現行の制度では台湾の教育部(文部省に相当)から支給される奨学金には「華語獎學金」、「台灣獎學金」という2つの奨学金が存在します。「華語獎學金」は、台湾の大学に入学する前に、各大学の語学センターに入り中国語を学ぶための奨学金で、現在の制度では1ヶ月2万5000元(66000円程度)支給されます。他に、「台灣獎學金」は、学部や修士課程、博士課程の学生に支給される奨学金で1ヶ月30000元(80000円程度)支給されています。ちなみに台湾での生活費の他に、学費なども、支給されたこれら奨学金の中から負担する必要があります。
今回、《聯合報》に載っていた記事というのは、この奨学金制度が変更されるかもしれないというものです。記事によれば、奨学金の制度が変更された場合、現在の奨学金のうち「華語獎學金」は廃止になり、さらに「台灣獎學金」の支給金額が15000元(40000円程度)になるようです。ただ、学費に関しては国立・私立の区別なく、全額免除となるようです。
b0097231_430561.gif

実際、僕が思うのは、この制度に変更された場合、台北市内の大学に入学して生活してゆくのは、かなり大変になると思います。というのは、台北で部屋を借りる場合、例えば台湾大学の近くであれば、「套房」(家具など基本的な生活設備、ネットなどが備えられている部屋。基本的にキッチンは付いていません)で、ワンルーム(8畳程度)にシャワー、トイレがついて大体8000~13000元程度はします。また、「雅房」(部屋のみ)では、「套房」に比べれば安くはなるものの、初めて台湾に行った学生が、生活に必要なものを購入するのは大変だと思います。これら部屋代に、電話代(携帯)、食費や、その他雑費などを入れて計算すると、15000元の奨学金では、実際、生活をかなり切り詰めなければなりません(バイトも最初のうちはできません)。食費も台北市内であれば、1日に少なくとも150元から200元くらいはかかります。

記事によれば教育部、民国101年(西暦2012年)の学期から変更を考えていると記されています。制度が本当に変更されるのかはわかりませんが、台湾への留学を考えている方は、制度が変更される前に、早めに申請してみてはいかがでしょうか。
[PR]
# by heyelien | 2010-10-22 04:32

國立台灣文學館

上週四我們去了台南一趟。
主要是去「國立台灣文學館」查資料。
台南,第一次。
從台南火車站到該館很近,”聽說”走路只要十五分鐘;我們是撘車前去的。
建築的外觀與內在有"新”的感覺…
b0097231_1363069.jpg

...館藏(含網路資源)算是豐富,但是,當天,利用者似乎不多。
館內有一咖啡館,雜誌和書籍賣八五折;餐點或下午茶稍稍差強人意。
b0097231_137484.jpg

資料查妥後,本意打道回府的;來時聽司機說孔廟=孔子廟很近,想說就”順便”逛一逛孔廟。走出館,請問路過的一位小姐,她很開心地往後指了一下說:過了那條街就是啦!
謝謝您!
沿著那位小姐指示的方向走下去,就在街頭轉角處,我們發現一處很有”歷史”的建築,
仔細一看 是警察局,這也很新鮮!
‘’聽司機說‘’那是日治時期的建築。
b0097231_1382073.jpg

說真的,雖然,矗立在那兒是有些顯眼的突兀,但是,風格獨特!
應該是一無價的文化財、嗯 也許可以考慮發展成台南的新觀光景點喔 ^ ^。

孔廟就落在該館後方隔了條街的對面,真的很近!
b0097231_14202825.jpg

b0097231_14311559.jpg

禮門
b0097231_1428317.jpg

德之門
b0097231_139189.jpg

參觀孔廟是免費的,要進入其中的大成殿參觀,每個人費用台幣25元。
其中一位管理員會說日文,很親切地招呼了我們。
大成殿
b0097231_1372021.jpg

孔廟整體上的感覺沒有台灣廟寺的華麗,樸實、簡約中有莊重。

由於時間緊迫,沒能多停留;下午四點多就搭車離開了。
回頭看看台南車站的街景,簡單、自然、有序。
b0097231_14292475.jpg

b0097231_1384280.jpg

b0097231_14293923.jpg

有點小繁忙的樣子,卻沒有趕集的緊張感……
就是,那種,靜靜地熱鬧著 的感覺吧。
小可愛型的。
第一次台南行。
[PR]
# by heyelien | 2010-10-16 13:09

教師節

台湾には教師節という日があります。昨日はその教師節でした。

台湾のある大学で就職し、授業が始まってから3週間ほどがたちました。この3週間は、毎日毎日、授業の準備で忙しくてとても大変です。授業も色々と工夫してはいるのですが、どこまで生徒に理解してもらえているか、なかなか微妙なところです。まだまだがんばらなければなりませんね。でも、少しずつ慣れてきたので一安心といったところです。
b0097231_320191.jpg

ところで、僕の苗字に使われている漢字には、台湾ではあまり使うことが無い漢字が入っています。そのため、僕の研究室の前には「僕の姓名(漢字)/注音符号での読み/ローマ字での読み」を書いたものがかかっています。そこで、僕が研究室で色々と仕事をしていると、日本人の名前が珍しいのか、それとも、その漢字が珍しいのか、よく生徒が研究室の前で立ち止まって、僕の名前を口に出して(中文で)読んでいます。たまに笑ったりしながら読んでいる生徒もいるのですが、うん~~そんなに面白いのかな。。。キミタチ、何か変なこと話していないよね。。。
b0097231_340421.jpg

ところで、今日も、僕が研究室で仕事をしていると、ドアの向こうで僕の名前を読んでいる生徒たちがいました。僕は「またかよ」と思いながら、研究室で仕事を続けていました。しばらくして、小さな用事で研究科の事務に行くことに。そこで研究室を出て、ドアのレターケースを見てみると、見慣れないものが。と、そこには生徒たちが送ってくれた教師節のカードが2通ほど入っていました。一つは、僕が現在担当しているクラスのもの、そしてもうひとつは、来年、受け持つことになる1年生のクラスから。送ってくれたカードを見て、自分も先生なんだな~、と感じると共に、さらに努力をしなければならないな~、と思ってしまいました。Elaineに話をしてみると、それは台湾では結構、普通なことなんだよ、という返事。教師節は、孔子と関係しているようですね。ところで、カードを入れてくれたのは、名前を読んでいた生徒たちなんでしょうか。とにかくありがとうね。さらに努力します!

台湾はまだまだ暑いです~
人気blogランキングへ
[PR]
# by heyelien | 2009-09-29 03:23
最近、僕は台湾のある大学に就職しました。

僕が会社を辞めて修士課程に入学してから10年ほどの時間が経過しました。そして、最近、台湾のある国立大学に専任助理教授として就職することができました。いま振り返ると短かったような気もしますが、一つ一つの出来事を思い出してみるとやはり長かったなぁ~と感じます。でも、感慨にふけるだけではなく、就職したからには授業、研究ともに頑張らなければいけませんね!
b0097231_1114568.jpg

今回の記事では、どのような感じで就職ができたのかを簡単に書いてみたいと思います。台湾の大学で専任教師として就職するには、修士や博士の学位が必要です。修士だと非常勤講師や、専任講師(日本とは少し違います)となります。僕は博士号を取得していたので、助理教授になることができました。助理教授は、日本でいうところの専任講師にあたるのではないかと思います。
b0097231_112070.jpg

こちらでの就職活動は、昨年の12月ごろに開始しました(就職情報については「行政院国家科学委員会」の求職情報、「104人力銀行」などで調べることができます)。台湾の大学で働いている先輩によれば、「書類審査が合格ならば、大体、年明けの1月か2月くらいから電話で面接の連絡が来るはずだよ」と言われていたので、今か今かと待っていましたが、なかなか連絡が来ません。それで、とても心配していたのですが、4月ころからいろいろな大学から連絡をいただくようになりました(結局、12校ほど書類を提出して8校ほどから、何らかの反応をいただけました)。
b0097231_1121473.jpg

面接では、模擬授業(面接の先生方を相手に)などもすることもありましたが、なかなかその準備も大変でした。また、僕は台湾に留学生として3年ほど暮らしているので、中文で話すのは、それほど困難ではないのですが、やはり面接では緊張しました。
b0097231_1123297.jpg

その後、ある大学より運よく面接の合格のお知らせをいただいたのですが、その後が長い。。。。。僕の大学の場合、「系」、「学院」、「校長」と3段階の会議/審査、および博士論文の外審(助理教授の資格を得るために必要)を経て、結局、7月の終わりごろになって正式に採用が決まりました(大学によっては、採用が決定して後、8月頃に外審をするところもあるようです)。この期間、本当にやきもきしていました。
b0097231_11245100.jpg

実際、台湾の大学で仕事をするにはいろいろ大変なことがあると聞いています。そのことについては、またいつか別の記事で書いてみたいと思っています。ともあれ、自分の研究室をいただけて、研究書や資料を本棚に並べたときは、ほっとしました。でも、これからが勝負なんですけれどね!台湾では来月から新学期が始まります!頑張らねば!

Elaineもとても喜んでくれました!
人気blogランキングへ
[PR]
# by heyelien | 2009-08-18 01:16

2度目のドリアン

本日、2度目のドリアンにチャレンジしてみました。

先月の8日、ちょうど今から一ヶ月前になりますが、前回の記事で初めてドリアンを食べたという感想を書いてみました。今日は、意識したわけではないのですが、ちょうど先月から1ヶ月が過ぎたところ。たまたま寄った頂好でアイスクリームでも買おうかなと考えていたら、凍ったドリアンが売られていたので、購入してみることにしました(39元なので、だいたい120円くらいでしょうか)。
b0097231_19303634.jpg

前回、冷蔵庫の中が臭くなるのが心配で、早めに食べてしまいました。そのため、十分に冷えたドリアンとは言えませんでした。しかし今回は、最初から凍っているものなので、冷やす必要がありません。ということで、早速、家に戻って購入したばかりの冷凍済みドリアンを食べることにしました。
b0097231_19304885.jpg

今回の感想は、「かなり美味しかった!」です。臭いは以前ほどではないけれど、やはり少し臭いです。だけど、食べていると臭いはほとんど気にならなくなって、あれよあれよという間に全て食べきってしまいました。味はほんのり甘くてカスタードのようです。ただ、今回、一気に食べてしまったんですが、やはり2度に分けて食べるくらいがちょうど良い量でしたね~。おなかがいっぱいになってしまいました。上の写真はドリアンの種です。

僕は毎朝、グァバを1個、まるかじりで食べています。もう少し痩せたいなあ~
人気blogランキングへ
[PR]
# by heyelien | 2009-07-08 19:33